2012年、地球の旅 【Earthpedia レビュー】 - 空飛ぶゲームポケット・S2
--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけましたら、RSS登録もよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ  
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) |
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • Trackback(-) | PageTop↑
    2012.05.02 10:00 | EDIT
    自分が住んでいるはずなのに、
    果てしない地球に好奇心がとめどなく溢れてくる…。

    そんな静かな興奮を味わいたい方はぜひこのゲームで!

    Earthpediaパッケージ
    ↑クリックで公式サイトにジャンプ

    まずはプレイし始めた頃のレビューがこちら
    地球の記憶をまるかじり!【Earthpedia3時間プレイレビュー】

    それでははりきってレビューいたしますよ!
    まず、私のレビューでは
    グラフィック
    システム
    ミュージック
    ストーリー
    の4つに分けて見ていきます。


    1.グラフィック

    とても落ち着いた、どこか未来を感じさせるグラフィックが印象的でしたね。

    公式サイトのこのページでよくお分かりいただけると思いますが、
    大陸だけで描かれた球体の地球がいいんです…。

    立体視で見ると、よりホログラム感が増して気分が盛り上がります
    この地球を回しているだけでも楽しいですねw

    インターフェイスとしての画面も綺麗ですが、
    デジバグ破壊プログラムも、スパイスの効いた画面で素敵ですよ。
    GEOサーチではサイケデリックに、ARサーチではおもちゃのような世界を広げます。

    さらに圧巻はi-Gearで見ることができる3Dモデル
    ゲームにあわせて作られたものなので、きちんと立体視に対応し、
    細かな部分までしっかりと作られています。

    まさかここでエレキテルの仕組を見ることになろうとは…w
    世界の言語での挨拶を載せたボイジャーは、なんだかノスタルジックを強く感じさせるデザインでしたね。
    (収録されている挨拶も一部聞くことができます!)

    また、同じく3Dモデルで表示される、
    ARフォレストもすばらしいですよ!
    手のひらに現れるヘラクレスオオカブトは重量感がありましたね~。
    ちょっとテカテカした昆虫の質感もばっちりです。

    その他、一部の資料は既存の物であったり、
    かなり貴重なものであったりするので、立体視非対応のものもありますが、
    全体的に、主役である「情報」をこれでもか!と引き立たせています。


    2.システム

    「地球儀から情報を探す」
    「ARサーチをクリアして情報をもらう」

    以上。
    とてもシンプルです。

    チュートリアルもしっかりしていますし、
    とっつきやすく、分かりやすいと思います。

    デジバグ破壊プログラムは、画面を見た感じシューティングのようですが、
    往年のパズルゲーム風といえばより近いでしょうか。

    ちょっとごり押しする場面があったり、
    効率よく邪魔なブロックを壊したりと、まさにパズルゲームです。

    難易度はそこまで高めではありませんし、
    全情報の半分以下程度しかこの操作を求められませんから、
    苦手でも臆することはありません。

    また、こういうパズルを求めて、というのはお勧めしませんね。
    あくまでも、主役は地球の情報です。

    それと、このゲームはライセンスレベルがあり、
    このレベルによって得られる情報や使える装備が増えていくのですが、
    情報をうまい具合に出し惜しみしつつ、一つの区切りとして最適なプレイ時間になると思います。

    そしてぜひお勧めしたいのがユーザーインターフェイス!

    起動時のロゴはAボタンでさくさく飛ばすことが出来ます。
    タッチペンでの快適操作に勿論ボタン操作もOK。
    情報は即座にデータベースに移され、完全オートセーブ。
    特別な情報・i-Gearは別のデータベースにしっかり収録されるなど。
    とにかく使いやすくてびっくりしました。


    情報という主役を生かしてこそのユーザーフレンドリーですね。

    とにかくシステムは快適です。
    じっくりデータベースの文章に没頭しましょう。


    3.ミュージック

    パターンは多くないものの、
    ピアノが多用されたテクノ音楽は中毒性がありますね。

    読書の邪魔をしないのも嬉しいです。

    ここでも、システム同様、
    主役である情報をしっかり補佐する関係が成り立っています。


    4.ストーリー

    近未来、地球外生命体と交信するために
    地球のことを伝えるアーカイブ作りを手伝うエージェントに任命される。

    ところから始まるこのゲーム。
    実際のところ、情報が主役なわけですから、
    このストーリーは必要ないと言い切ってしまっていいかもしれません。

    しかし、このストーリーのおかげで、
    重要なチュートリアルキャラであるナビオ君。
    ナビオ

    上司的な立場でプレイヤーを導くソフィアさんの存在を
    スムーズに登場させています。

    また、「外宇宙から微弱な反応があった!」というような
    次が気になるストーリ展開も秀逸です。

    じゃんじゃん情報を集めて読ませていこうという製作者の思惑に
    まんまと引っかかってしまいますよw


    **************


    このゲームに収録されている情報は、どれも大変興味深いです。
    それでも、その力に甘えることなく、どうゲームに落とし込むかがしっかりと考えられています。

    立体視やジャイロ機能、ARといった、
    3DSというハードをフルに使った辞書であり事典であり、
    教師ですらあるこのゲーム。

    中学生くらいのお子さんがいる方、
    なにか興味を持てるものお探しの方に特にお勧めしたい一本です。



    では、アフィリンクです。

    関連記事

    最後まで読んでくださってありがとうございます。
    気に入っていただけましたら、RSS登録もよろしくお願いします!

     

    にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ  
    コメント:
    コメント:を投稿する

    トラックバック:

    プロフィール

    ゲームポケット

    Author:ゲームポケット
    しがないゲーム好きです、はい。
    因みにプロフィール用のMiiは大体80%増し(当社比)ですので、悪しからず…。
    3DSフレコ【4339-2429-2268】
    私のツイッターです@gemupoke

    連絡がございましたら、こちらのメールフォームからどうぞ

    人気ページランキング

    検索フォーム(Web全体)

    RSSリンク

    RSSフィード

    ランキングもぽちっとしていただけると嬉しいです

    こちらのランキングにも参加してます

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 ゲームブログへ

    BlogPeopleリンク

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。