温もり溢れるテクノサウンドを漂う 「オプーナ オリジナルサウンドトラック」レビュー - 空飛ぶゲームポケット・S2
--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけましたら、RSS登録もよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ  
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) |
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • Trackback(-) | PageTop↑
    2012.01.24 01:28 | EDIT
    オプーナのサントラを購入したのは、
    色々立て込んでしまったので、
    サントラ発売から少し経ってからでした。

    オプーナサントラ
    ↑クリックサントラ公式サイトにジャンプ

    その頃はAmazonで残り2,3点だったのですが、今では残り8点。
    売り切れと再入荷を繰り返してるんですね。
    オプーナといえば、どうしてもネタ的な意味での知名度が高いかもしれません。
    事実私がソフトを買おうと思ったのも、
    そういう話題に上げられていたスレッドを覗いたときですし。

    でも、私はそれで得をしたと思っています。
    結果的に大変思い出深いソフトを見つけ出すことができたのですから。
    ま、色々と改善をお願いしたい点はあるんですけどねw

    ですから、このサウンドトラックもプレイ中の思い出が詰まったCDです。

    それでは、レビューをしていきたいと思いますが、
    このレビューはサントラ自体のレビューですので、
    ゲーム内容については極力控えたいと思います。

    また、3枚組全60曲以上あるので、
    全曲レビューはご勘弁くださいw
    まずは基本となる2曲を軽くレビューし、
    次に好きな曲・人気のある曲を、CD1枚につき2曲ずつ抜粋します。

    ●2-1 メイン・テーマ  作編曲:崎元仁

    ゲーム内でもたびたびアレンジされる曲です。
    明るく壮大でありながら、たびたび現れる心細さが
    冒険の始まりを感じさせます。


    ●1-13 ティティアの戦士  作編曲:崎元仁

    いわゆる通常戦闘曲です。
    剣の舞風に始まるこの曲は、とにかくスピード感のある戦闘に
    子供らしい勇敢さ、そしてちょっとした焦りを加えてくれます。


    さて、これら2曲が基本ですね。
    あとにレビューする曲も、これらのアレンジが含まれていたりします。
    このゲームの主人公であるオプーナは子供です。
    だからこそ、大人らしい落ち着きよりも、
    このようなかわいらしさが前面に出ているのでしょうね。

    ●1-5 スペースシップ  作曲:崎元仁 編曲:阿部公弘

    理路整然とした無機質なテクノサウンド、
    少し狂った弦楽器がそれをより強調します。
    コンピューターで管理されてはいても、
    空気のない宇宙を単独で飛行する「スペースシップ」の、
    いいようもない緊張感が伝わるような一曲です。


    ●1-22 夕暮れ都市  作曲:上倉紀行 編曲:岩田匡治

    ハイテンポな曲ながら、
    懐かしくも少し寂しいシンセサイザーと、乾いたドラム音が
    「夕暮れ」を強くイメージさせる曲です。
    このテクノ曲が持つ懐かしさは、
    さながら「80年代SF映画が思い浮かべていた2000年代への郷愁」
    といった感じでしょうか。
    ユーザーからの人気も高く、このサントラを代表する街曲です。


    ●2-4 メディテーション  作編曲:上倉紀行

    遠くから響くようなイントロで始まるこの曲は、
    勝手に「テクノヒーリングCDだよ」と名づけて人に薦める私にとって
    一番に聴いてもらいたい曲です。
    途中から挿入されるピアノも、どこか湿り気を帯びているように、
    ゆったりと寄り添います。
    ただ、穏やかなだけではなく、
    しっかりとテクノの無機質さも伝わってくるんです。
    入眠への一曲として、ぜひどうぞ。


    ●2-8 インテリジェントシーにて  作曲:金田充弘 編曲:並木学

    「メディテーション」が眠りを誘う曲なら、
    こちらは目覚めの一曲にいかがでしょうか?
    明るいピアノは水面をゆれる陽の光で、
    それを海の中から眺めるような、
    どこか冷んやりとする希望に満ちた曲です。
    余談ですが、このCDの海の曲はバリエーション豊富で
    どれもすばらしいですよ~。


    ●3-7 記憶のない村  作編曲:上倉紀行

    イントロは「夕暮れ都市」と似た寂しさを感じるかもしれません。
    しかし、途中からギターが奏でるフラメンコ調の旋律が哀愁を一気に引き立て
    続けて入る弦楽器が高く響けば、美しささえ感じられるほどの悲哀が溢れます。
    このように書くとかなり暗い曲のようですが、
    あまり重くは感じないんです。
    恐らく全曲を通しての、
    無機質なテクノサウンドが根底にあるからなのでしょうね。


    ●3-14 パルチザン  作曲:崎元仁 編曲:上倉紀行

    3枚目のCDになり、悲しげな曲、緊張感漂う曲が多くなるのですが、
    この曲の勇敢さがその流れを一気にぶち破ります。
    一歩一歩しっかり踏みしめるような強いドラムが
    ゲーム内の主人公と一緒に、聴く者の背中をぐんぐん後押しする感じです。
    私も時間に追い込まれたときなんかはよく聴いていますねw
    とにかく元気が出ますよ!




    では、抜粋曲レビューはここまで。
    私は音楽にも楽器にも疎く、どうしても抽象的な曲のレビューとなってしまうのですが、
    それでも伝えたいCDの魅力が満載なんです。

    CD全体的なまとめとしては、この記事名のように、
    無機質なテクノサウンドでありながら、温かさに溢れている。ということです。

    オプーナサウンドチームの筆頭である崎元仁氏は、
    「大人達の愛に囲まれたような」音楽にしたいと、
    サントラのブックレットでおっしゃっています。

    まさにといった感じです。
    決して過保護にはならない、良い距離を保った癒しが、
    このCDには詰まっていると思います。


    この記事を読んだあなたも、
    ぜひこの心地よさに包まれてみませんか?
    関連記事

    最後まで読んでくださってありがとうございます。
    気に入っていただけましたら、RSS登録もよろしくお願いします!

     

    にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ  
    コメント:
    コメント:を投稿する

    トラックバック:

    プロフィール

    ゲームポケット

    Author:ゲームポケット
    しがないゲーム好きです、はい。
    因みにプロフィール用のMiiは大体80%増し(当社比)ですので、悪しからず…。
    3DSフレコ【4339-2429-2268】
    私のツイッターです@gemupoke

    連絡がございましたら、こちらのメールフォームからどうぞ

    人気ページランキング

    検索フォーム(Web全体)

    RSSリンク

    RSSフィード

    ランキングもぽちっとしていただけると嬉しいです

    こちらのランキングにも参加してます

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 ゲームブログへ

    BlogPeopleリンク

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。